ネット上のバーチャルな仮想世界

セカンドライフ(second rife)を知らない人は多いと思います。

インターネットに興味のない人は「セカンドライフ」という言葉自体、聞いたこともないと思います。
ですから、できるだけ分かりやすく基本知識をお教えいたします。

会話の中で、「セカンドライフねた」を振られたとき(そんなシチュエーションあるかなぁ)、ペラペラと語るとかっこいいですよ。
これで、あなたのあだ名は今日から「セカンドライフマスター」に変更です。

余談はこれくらいに−。


セカンドライフとは、アメリカ・カリフォルニアにある「リンデンラボ(Linden Lab.)社」が運営しているネット上のバーチャルな仮想世界です。
オンラインゲームという人もいますが、セカンドライフはゲームではありません。

たしかにセカンドライフは、ネット上に存在する仮想世界ですが、そこで行われている行動や現象は”現実”といっても過言ではありません。

セカンドライフ内で職業を持って働くと、実際に収入が発生するんです。
にわかには信じがたい話ですが現実なんですよ。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35629249
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。